独立希望者のねらい

独立を希望するシステムエンジニアは多く、企業で働いている間に培ってきた技術力を生かして大きな収入を手に入れたいと考えている場合が大半を占めています。単純にシステムエンジニアとしての能力を伸ばすために独立するのを決意する方や、キャリア構築のための独立として位置づける方も多くなってきました。どのような立場で独立するにしても収入に関する認識が重要な働き方なので、概略を知っておかなければなりません。

独立したシステムエンジニアは自分の技術力や人格をアピールすることによって仕事を発注してくれるクライアントを見つけ、契約を取り付けられて初めて収入が得られる状況になります。そのクライアントとの契約の仕方次第で収入が決まる働き方なので、いかにして自分にとって有利な形で契約するかをよく考えなければなりません。ただ自分が優秀だとアピールしていても不十分でしょう。クライアントは基本的に最低限の報酬額で契約したいと考えているからです。独立したシステムエンジニアが着実に収入を手に入れられるようにするには二つの能力が必要になります。一つは交渉力であり、契約をするときに相手の事情をよく理解して自分が働くメリットを伝えるなどの適切な話術によって報酬額を上げてもらうことが必須です。もう一つはその前段階として必要になる営業力で、クライアントに具体的な仕事の発注の話をしてもらえるように働きかけられる能力が欠かせません。

Comments are closed.