フリーランスとして働く

システムエンジニアはフリーランスになると働き方を変える必要性があるでしょう。企業に勤めているシステムエンジニアの場合は、プロジェクトチームに所属して得意なスキルを活かした活動を行っているケースが多いです。チームの一員として働いている場合は、得意なジャンルを伸ばしていくことで質の高い製品を生み出すことに貢献できるので問題はないでしょう。しかし、フリーランスになると全ての業務を自分でこなす必要があります。場合によっては苦手なジャンルに取り組まなければならない状況にも陥る可能性があるでしょう。そのような状況に陥っても対応できるように普段から苦手なジャンルへの克服を心掛けておくと良いです。苦手なジャンルを克服できればフリーランスとしての幅が広がるので、請け負える仕事の範囲が広くなり、収入アップにも繋がります。

フリーランスとしてやっていく場合には人脈を上手く活用していくのが効果的です。自分が持っている人脈を使って取引できる相手を増やしていきましょう。取引先が増えれば仕事量が増えるので、収入が安定しやすくなります。現状では人脈が不十分だと考えている方は、人と交流ができるようなコミュニティーに参加してみるのも1つの方法です。コミュニティーに参加して人と会話をすることでコミュニケーション能力を高められるので、仕事に良い影響を与えてくれるかもしれません。人との会話の際に交渉の練習を行っておくのも良いでしょう。交渉術を磨けば、高単価な仕事を獲得するチャンスも増えます。

Comments are closed.